画像の無断転載が発覚しました

  •  
  •  
  • Category:

8月下旬から9月下旬までの1ヶ月ほど、事情がありましてサイトを閉鎖しておりました。
その事情とは、2019年8月下旬、当方が画像を提供している「4号車の5号車寄り」のサイトから無断で転用・改変されたと思われる画像をTwitter上で発見し、そのあおりで閉鎖をしていたということです。
事の顛末としては...

2019年8月24日ごろ
 Twitter上で「ウソ電」と称し、ペイントソフトのようなもので帯色を変更したサイドビュー画像が複数投稿されていることを確認。

2019年8月25日
 当該者は無断を承知でこれまでアップしていたものとは別のサイドビュー画像を改変・転載。
 この時点で「悪意」を感じたため、削除の要請をTwitterを通し当方より発信(以後、数日おきに定期的に発信)。

2019年8月25日深夜
 無断転載された当該ツイートが削除されるか法的措置が終わり次第再開を目途にサイトを閉鎖。

2019年9月8日
 当該者が削除する意思を示さないため、警察・弁理士・弁護士の助言を仰ぐ。

2019年9月19日
 Twitter Japan社に対し、「著作権侵害に伴う送信防止措置手続き」と「発信者情報開示請求」の書類を作成し、送付準備を行う。

2019年9月22日
 当該ツイートの削除を確認。

2019年9月26日
 サイトの再開。

この一連の事件以降、残念ながらサイドビュー作成の意欲が限りなくゼロになってしまい、画像の作成どころか取材(撮影)にも行っておりません。
そのため、ストックがほとんどない状態となってしまい、しばらくは新作の公開を自粛せざるを得ない状況となっています。
正直、ほかの鉄道写真とは違って信じられないほどの労力と時間を費やして作成している画像ばかりなので、クオリティの高いものならまだしも、OS標準搭載のペイントソフトで短時間で加工しました!的な画像を無断で改変・転載されると信じられないほどの労力と時間が本当にバカバカしくなります。
今後、同じようなことがあれば本気で永久閉鎖も視野に入れておりますのでご了承ください。

なお、ちゃんとした手続きを踏んでいただき、当方の求めるクオリティをクリアすれば基本的には改変・公開は許可するつもりではあります(場合によっては使用料などをいただくこともあります)ので、ご安心ください。